〜私のジャニヲタ遍歴〜

初めに忠告しておく。これは死ぬほど長い。振り返って正直引いた。夜寝れなくてだーっと書いたり、風呂場で湯船に浸かりながらつらつら書いたりしたせいである。後になんだこの記事!キモ!って消すかもしれないくらい詳細に書いてるし、もうなんか本当にただただやばい(ボキャ貧)暇がある時にみてね。めちゃめちゃ電車長く乗るからなんか暇だなーとか?この先生の授業わかんねーつまんねーってときとか?鼻ほじりながら見るのがベストです。おならしながらとかでもいいですよ。とにかくふーんあっそ、で?っていうやつです。覚悟はよろしいですか……(震)

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私はいつからジャニヲタなのか



物心ついたかついてないか。日曜の朝はアニメを見るために早起きをしていたあの頃、アニメの流れで見ていたテレビで釘付けになったあの人が私のジャニヲタ人生の出発点だと信じている。そう、Ya-Ya-yahだ。山下翔央くんをただただ食い入るように見ていた。Ya-Ya-yahってカッコイイって、ただの田舎のクソガキはみんなに言いまくっていたらしい。(過去の交換日記出てきて知る)


そこからジャニーズってみんなカッコイイ!っていう信仰(としか言えない)が始まって、小学生の時突然やって来たのがアイツらだよ。めちゃめちゃ黒船感。異端児。KAT-TUNだ。何なのあのギラギラ集団は?!!友達と友達のお姉さん揃いも揃って仁亀担だったのが拍車をかけて初めて買ったよね、あのポポロとかの写真が入ってるキーホルダー。今どこにあるんだろ、誰かにあげちゃったっけ?今考えたらそんなもん買ってねえでCD買え!って感じなんですけど、当時は友達がCD貸してくれたので、翔央の時と変わらず茶の間。雑誌たまーに買って、ドラマ見て、Mステ見てっていうザ・茶の間。(ちなみに亀梨和也担当)


そんな私が亀梨くんとキョンキョンの熱愛でブチギレ(クソガキのくせに)しながらカッコイイ♡ってDD発揮してたのが山田涼介くんでした。なんだろう多分YouTubeでKAT-TUN兄さん見てたら関連動画に山田がいたんでしょうね。無理だ、カッコイイ、って降伏しました。あの昭和無理〜とか失礼な歌を歌ってたHey!Say!7に降りました。CD初めて買ったのこれだった、ウケる。Hey! Say! のカップリングのBON BON未だに好きすぎてカラオケで歌っちゃうのそろそろ辞めたい。(知らんがな)


そこからやっと浅いヲタク人生のスタート。CDは出される形態全部買います、写真を原宿まで買いに行きます、ファンクラブ入る為に貯金始めます、ってしてた小学校高学年〜中学。その間にHey! Say! JUMP、9人になりました。何なの、私の好きになるグループ人減るの?!って自己嫌悪。お前のせいな訳ないだろって感じなんだけど、それくらい10人のJUMPじゃなくなるのが寂しかった。今では9人でもすごく頑張ってるし(何様)全然いいと思うんだけど、当時の私にはなんか許せなかったんだよな。そんなタイミングで飲み込まれた、あのビッグウェーブ。みんなもKAT-TUN、Hey! Say! JUMPって来たら飲み込まれる波あるでしょ?!飲み込まれたでしょ?!片足くらいは突っ込んだでしょ?!


はい、嵐の登場でーーす!!

今まで王道のイケメンが好きだった私のタイプがズレ始めたのはここからです、先生!二宮和也くんの担当になりました。何で?そこ翔くんとか松潤じゃないの?!と話すとみんなに言われるんだけど、違うんだなー。違うんだよ。これまたYouTubeのせいなんですううう!(号泣)(野々村議員かな)多分山田涼介関連の動画見ていた私のサイドバーに現れたアイツ。「虹」。なんだこれーってぽちってしたのが全ての間違い(失礼)聴いて早々号泣。なんなのこの歌?!なんなのこの歌声?!誰この歌作った人?!(動画は音声のみで映像も説明も無かった)パニクった私は急いで調べたよね。そしたらニノだったよね。そのタイミングで5×10とかやってたよね。見事飲まれるよね。中学の同級生に二宮担と相葉担がいたのも大きかった。Hey! Say! JUMPに払うつもりで貯めたお金、嵐に消えたよね!人生ではじめてファンクラブ入りました。シルバーのカード、未だに財布にある。(番号失効してるけど)


初めて行ったのは、国立競技場で行われた「scene〜君と僕の見ている風景〜」でした。振り返ればスタンド10列以内とか初っ端から自分どんな席引いてんだよ、今の席運どうなってんの?って感じです。すごかった。7万人ってすごいなって。これだけの人を集められる、楽しませる嵐ってすごいなって本当に感動した。ファンサとかもうそんなのどうでも良くて、このグループ最高って心の底から思ったのが嵐でした。そこからは毎年当たればコンサートやらワクワク学校やら行ってましたねえ。もちろんCD・アルバムの全形態買いは続く。ダビングしまくるのも多分この頃から。未だにVS嵐(昼にやってた頃の)とかひみつの嵐ちゃん!とか嵐の宿題くんとかフルでダビング残ってる。見るのごく一部。あのDVDたちめちゃめちゃ勿体ないから誰かにあげちゃいたい。場所とるし。


で、そんなこんなでここまでコロコロ担降りしまくり、しかも王道グループばっかりの私に雷が落雷した(道明寺司くんかな?)出来事。それは忘れもしない、2011年4月1日の代々木第一体育館。「Marching J」という募金活動に参加したこと。めちゃくちゃ不謹慎な話ですが、募金して嵐見れたらいいよねってお札握りしめて埼玉からはるばる原宿へ。今思うと本当にお前…って感じなんですが、それだけで終わらない「お前、まじか」エピとしては、ここで戸塚祥太くんに降りることになるんですね。普通コンサートとかテレビとかでしょ?!何で?!不謹慎過ぎね?!って感じなんですけど、嵐はそこにいなくて誰か知ってる人いるかなーってぼーっと眺めた私の視界に入ったのは。

戸塚祥太だと思うじゃん?





橋本良亮くんだったんだよねー!Ya-Ya-yah好きだったりHey! Say! JUMP好きだったりで、少クラ見てた私はJ.J.Express好きで。「JJのはっしーやんけ!カッコイイー!」(当時もうA.B.C-Zだろアホって今なら殴る)とか現抜かしてたらその隣に色白おめめパッチリの黒髪美青年。途端に脳が「あいつ誰?!あの人は?!ねえ?!」ってプチパニック。友達に聞いたところ戸塚祥太と言うらしい。(なんで知ってたのかは未だに不明)マジか。戸塚くん最高じゃん。カッコイイ。落ちた。(単純)


募金して戸塚くんに(なぜ指定)「ありがとう」って言われて、そのあと友達と渋谷の丸井(懐かしい)(今はモディ)に当時「ひみつの嵐ちゃん!」でやっていたマネキン5のめちゃめちゃダサい櫻井翔公開処刑されていたのを見に行ったんですが、写真撮った記録はあるが如何せん記憶がねえ。帰りの電車で戸塚祥太めちゃめちゃ調べたよね。画像アホみたいに保存したよね。(単純すぎ)そこから嵐とA.B.C-Zの掛け持ちが始まりました。割とこの期間長くて、気持ちは大分戸塚くんにご覧の通り持っていかれていましたが高校2、3年までは掛け持ってたんじゃないかな。嵐ってコンサート当たること希だし、グッズとかCD買えばあとはテレビでいつでも見れたし。A.B.C-Zにお金掛けても全然平気だったんですよね。だから3:7(嵐:A.B.C-Z)って感じで応援してました。高校の友人に聞くと「戸塚担でしょあんた」ってあっさり言われます。確かに。思い当たる節ある。


で、2011年からA.B.C-Z戸塚祥太くんを応援するようになって。すぐに取ったよね、「PLAYZONE'11」のチケット。みんな知ってる?Jチケってみんな覚えてる?ダイ子おばさんもしかして亡霊になりかけてる?ジュニア情報局に入ったはいいが間に合わねえ!ってなった私はJチケに「どこでもいいから当ててくれ!」と祈りをかけてジャジャーン立ち見。今じゃ足腰しんどくて立ち見とかお金払わないのに!行ったよね、雨の青山劇場!本当に悲しい!青劇無くなるの寂しすぎてこないだDefiled行った時Guy's歌いながら真横通り過ぎた(頭おかしい)

が、問題発生だよ。何で自担坊主なんだよ。何で河合郁人怪我してんだよ。何で橋本良亮髪型失敗してんだよ。行かねーぞ(当時塚五に興味がなかった)いや行ったけど。何だあの坊主!で感想終わりですよね。代わりにカンペキ!踊る五関晃一に落ちてジャニショで写真買ったよね。ウケる。思い出深いよ青劇とプレゾン。リベンジで少年たち入って髪伸びて少し安心〜とか思ってたらデビュー決まったよね。泣いて喜んだよ。A.B.C-Z、デビュー出来るんだって。私は戸塚祥太くんが銀河1カッコイイって信じてたからデビュー出来るんだってめちゃめちゃ喜んだよ。若かった。みんなによかったねって言われて卒業した中学。

高校も無事(?)舞台に複数回通ったり、代々木のコンサートは全ステしたりってA.B.C-Zのヲタクしてました。楽しかった。これは神に誓って言う、本当に楽しかった。友達沼に引きずり込んで泊まりでDVD見たり、学校終わってダッシュで制服のまま有楽町通ったり、本当に楽しかった。えび座期間とか雨とか台風とかスカートやばい!とか言いながらダッシュしてた。高校の最寄りから有楽町まで電車で1本だったのサイコーだったとしか思えない。でここで一生涯のヲタク関係なく信じられる大切な友達にも出会えて、未だに月1くらいで遊んでる。A.B.C-Zのおかげ。戸塚祥太のおかげ。多分どこのグループの担当してた時よりも楽しかった。やっぱ現場って最高だなって実感したのはここでした。


もちろん大学入っても変わらず戸塚担。大学にもまさかのえび担。これまじ驚いた。さらに同担も3〜4人は見つけた。(面白いことにほぼ全員降りたか辞めてる)自担の銀幕デビューに新宿のTOHOシネマズ馬鹿みたいに通った。川崎も行った。質問コーナーで手上げて当てられたりもした。楽しいはずだった戸塚担、実はここから綻び始める。ある回の舞台挨拶、ふとあげた目線にキラリと光るシルバーリング。彼は自分のブログの写真でもなんてことねえ!ってぐらいに左手薬指に指輪をしてあげる男なのであれなんですが、まあそれがシンプルなやつで泣いたよね。リア恋かよ。ああ、リア恋だったんだ私。そこからビジュが短髪だったことで興味がうすれたり、言動にいらいらし始めたりでアリサマ、サマパラ、全部入りましたがモチベはなかなか上がらず。


そこにふわっと現れた同学部のお友達。プロフ欄に「すの」って書いてあったことから「ジャニヲタ?!!」となんとまあ失礼な声のかけ方。(当時彼女は阿部担当だった)すぐに仲良くなって授業も一緒に受けたりしてたある日、彼女がふと言い出したんです。あれが運命の始まりだよ、はい、お待たせしました、私運命の人です!!!(黙)

「ねえ、少年たち行かない?」

2015年、SixTONESとSnow Man、そして関西ジャニーズJrによって上演された少年たちだ。今考えてもメンバー強い。戸塚くんに対して若干のモチベを失いつつあった私にやって来たお誘い。少年たちといえば、A.B.C-Zが通ってきた道だよなあ。比較もしてみたいし行ってみるか。ってな理由でバイトも始めてお金に余裕が生まれた私は縦に首振ってましたよね!!席を聞いてから客席登場があると知り、「えーすのがいいなー」「すのなら佐久間がいいなー」とまたクソみたいなワガママ。慎太郎と佐久間のシャッフルでは?という話を知り、慎太郎っしょアハハ!なんて言っていた私、痛い目見るぞ、って今なら言ってやれる。

迎えた2015年9月8日。大好きな通いなれた日生劇場にるんるんで足を運ぶ私。同時期にドリボ?もやってたから岩橋担の子や遊びに来てた西畑担の子(すべて同大学)とインズのサイゼできゃははーってどうでもいい話で盛り上がりワクワクドキドキは最高潮。もちろん友達がグッズを買っている時もガンスルー。(心は〜懐かしい日生♡少年たち♡〜で止まってる)しかし、ここから死ぬほど残念なお知らせなんですが記憶がありません。ライバルの岩本さんの顔が下から照らされてめっちゃ陰影すごくて怖!!!って盛り上がったことと、あの事件のことだけ覚えている。あの事件、とは。


佐久間大介、隣の扉から出てきた問題】


席はGC階C列(上手)。何の曲だったかも定かではありません。ふと扉が開いて視線をあげれば、ふわふわの金に近い茶髪の佐久間大介くんが真横を通り過ぎていく。

ダイ子「えっ、何この人天使?めっちゃ肌白いじゃん、めっちゃ鼻筋綺麗じゃん。無理。呼吸出来ない。」

ガチで呼吸忘れてたのか通り過ぎた後友達の手握りしめたまま、やばいつらいの連呼、からの頭痛。低酸素状態かな???とりあえずボキャ貧に効く薬出しておきますね。

それからのシーンはもう佐久間くんにクギヅケ♡だったんですよね…しんどい。記憶ないけど、気づいたら終演後ファイルとフォトセ買ってた。(病気)帰ったらKAT-TUNを好きになった頃から毎月のように買ってた5誌全部振り返ってすのの記事読んでた。ノートに佐久間の好きなタイプとかまとめてた。(病気か)完全に落とされてた。やばい、Snow Man。やばい。心が叫びたがってた(違)

翌月のえび座はまあ頭に入らないね!3回入ったけど心ここに在らず!Mステの番協も行ったのにSnow Man出ないかなって期待してたよね!もう完全に落ちてるじゃん!って周りにも言われていたのに頑なに拒否。まあその理由は前記事にもある通り、「すの担しんどい説」を唱えていたからである。ジャニワのチケもどうにか当てて行ったけど、もちろん見てたのは佐久間くん。歌舞伎以降宮舘担になったその子と行ったらもちろんだてさく♡だし、他の子と連番しても佐久間くんんんんん好き(号泣)だし早く諦めて好きっていいなよって感じで生活してました。掛け持ちなのか何なのかっていう。そのタイミングで、佐久間くんが舞台で怪我をしました。忘れもしない、2016年1月17日。私が1月も佐久間くんが見たいんだ!!と抑えたチケットは1月19日のもの。18日は少年収で休演日でした。たまたま17日にジャニワを見に行っていた友達からラインが入って、自分のことよりも焦ったのを覚えてます。

「佐久間思いっきり落ちた」
「多分どっか打ってる」
「そのあと出てこなくて、やばいかも」

緊急ニュースかってくらい、急ぎで送られてきたその言葉にただ状況が掴めなくて。ただひたすら泣きそうなのを堪えていました。どうにか戻ってきて欲しいって気持ちと少年収には出るの?っていう疑問と、無理をして欲しくないって思い。つい先日その時のツイート遡ってみたらめちゃめちゃ神に回復祈ってました、私。絵文字も無しで「踊ることが大好きな彼をステージに戻してあげて」ってお前誰だよっていうツイートしてた。翌日少年収にいたって知って安心。アラビアンパンツみたいなのはいてたとかレポ見て「ハァ?何それ分かんねえわ!」って突っ込んでた。でも心のどこかに拭えない不安を抱えたまま、ジャニワ行きました。ここで大好きだったノイナ、Baby Baby Babyに佐久間くんがいないことに号泣。一番彼が輝いていたから。すごく楽しそうに踊っていたから。踊れないんだ、そう思ったらいつの間にか泣いてて、うみんちゅ担の子にめちゃめちゃ励まされた。本当に1人だったらやばかったと思う。タイタニックの三等船室の客のセリフがやたら怪我をした佐久間くんに重なってさらに泣いてた気もする。助けてって言ってるじゃん、誰か助けてよって。今考えたらお前情緒不安定?大丈夫?って感じなんですけど、ここで覚悟したんですよね。「私佐久間担になろう」って思えた日がこの日でした。


そこから今に行き着くまで、A.B.C-Zの現場も戸塚くんの個人舞台も行っていました。(寝盗られ宗介に関しては平日全部行ったよね)今年もDefiled見た翌日に歌舞伎、っていう謎な生活をしています。が、もうA.B.C-Z戸塚祥太くんの担当、は辞めました。ファンクラブも入っているけど、当たらなかったら行きません、探しません。写真集もアルバムも買いません。今後の公演も大好きな河合担の子がいなかったら入らないつもりです。買ってでも入りたくて、出ているものは全部欲しくて、名義集めて申し込むのは佐久間くんにだけです。正直こんな中途半端なのって良くないとは思うんですけど、戸塚担だった時代がすごく楽しかったから。短い間ではあったけど、Jr時代から見てきた彼らがデビューした姿をまだちょっとだけ追いかけていたいから。終わりにしよう、と薄々CDデビューが決まってからずっと考えていたのでちょうど良かったかな。個人的には切り替えははっきりしています。


すごく長くなりましたが、そんなこんなで私は今、
Snow Manの佐久間大介担当をしています。

公演(特にクリエ)当たらないし、チケ高いし、バック付くか読めないし少年たちやるか分かんないし、自担熱愛出るし、たまに写真めちゃくちゃ盛れてない時あるし、アホすぎて本気でイラッとくる日もあるけど。

私は今、とても幸せです。
佐久間大介くんと出会えて、Snow Manのファンになることが出来て、
本当に幸せで楽しいです。出会わせてくれた友達に、あの日上手から出てきてくれた佐久間くんに、ありがとう。





はぁ、僥倖!!!!!!!!!!!!!(なんで最後ふざけるの)

Jr担ってすごい

ふと普段思っていることの備忘録がてらなにかに残せたら、と思って始めたこのブログ。レポ詳しく載せたりとか3歩歩いたら忘れるニワトリタイプだから出来ないし、ほぼ自己満だからいつ終わるかは分かりませんが見てくれる人がいたら面白いかなーなんて。


さて。タイトルにあるJr担について。元々数々のグループのヲタクを経てきて(それはまた後日)、2015年秋、行き着いた先がここ、Snow Man(佐久間大介担当)。マジすか?!(©中丸雄一)って正直思ってます。Jr.担になるのは人生でこれで2回目。佐久間くんに落ちる直前まで「私にはこの人しかいない♡」「大好きすぎる結婚して♡」と言っていた戸塚祥太くんを差し置いて主張がやや、というかかなり激しすぎる佐久間くんとは一体。

前述した通り私の以前までの担当は戸塚祥太くん(A.B.C-Z)でした。今でもウルトラハイパーイケメンだと信じていますし、少クラとかABChanZooとか見るし。彼を好きになったのは2011年春のことでしたねえ。(まあこのことはまた後で記事にでもします。)割とA.B.C-Zって名前を出して公演が決まるタイプのグループだったからJr担って言ってもめちゃくちゃ楽だったし、現場プレゾンと少年たちとかだし。他のJr担にしたら「ハ?お前それでJr担とか言ってんのかよシバくぞ」案件だと思うんですが(すみません)当時からネットでも「A.B.C-Zはデビュー出来ない」とか言われてたし、現に周りの友人からもそう言われてたし割と覚悟はしてたのに結局デビュー出来ちゃったよ、って感じなんですけど。だからJr担って言ってもデビューするまでのごく短期間だし、買ってもまだチケット安い時代だったし。あれ、話ズレた。

Snow Man、わけ違いすぎるんですけど。

もともとグループの存在とかメンバーの名前は知ってたし、すのなら佐久間かなーとか言ってたあのあっけらかんとした私どこいった。落ちてからというもの、まあしんどい。何回でもいうけど、すの担ってしんどいな。分かってたんだ、そんなこと。なのに想像以上。全然分かってなかった。何がしんどいか、ここで挙げてみましょう!(突然のコーナー)

①バックに付く付かない問題
メインでコンサートやること多くなってきたとはいえ、今年もざわざわしているバック問題。日程から察するにここには付けない、ここかも、ってやるのマジでしんどいのな。バイト休まなきゃ、ファンクラブ入らなきゃ、ってやったところで付きませーんって。みんなすごい。本当に古株の人尊敬する。ガチで。嫌味とかじゃなくて本気でこれを毎年やるのすごい。財力と行動力の必要性を説かれた…(誰に)

②チケ高すぎ問題
私を沼に落とす原因を作ってくれたお友達からは都市伝説的な感じで聞いていたすのクリエ。なんだこれ。いざ担当になってクリエめちゃめちゃ申し込んだけど、全く当たらない。A.B.C-Zの時なんて同一名義で初日と他の日当たったことあるレベルなのに。えび座のジャニーズ伝説のとき、すの付いてるからチケ高いのか!見つからねえ!って友達とチケ業務に汗水垂らしてたあの日フラッシュバック。(比べ物にならないけど)クリエ入ったら担当名乗ろうかなレベル。これは無理だ。ただの大学生、しかも食べること命の私には食費削って貯金しても無理だ。貯金してもほかの現場に消えてくしどっちにしろ無理だ。佐久間くんチケット降らせて〜〜(無理)ま、今年も当日券は行きますけどね。

③熱愛の出どころが今どきすぎる問題
好きになって1年。まさかの大穴、佐久間くんに事件発生。ここではあまりどーんと書く気はありませんが、私より年下だし。多分相手方からのLINEの流出だし。こういうのっててっきり人気高い人(佐久間くんに失礼)が大抵出るんだと思ってたんですよ。顕嵐くんとか森田くんとかザ・イケメンみたいな。あれっ自担?!みたいなー!心荒んだー!正直泣いたー!平気平気とか言って心の中ずったずただったー!今はもう克服?しましたけど。あの方のTwitterは変わらずフォローしたままです。最近の気になる点は丸メガネですかね。いや、思い違いって信じてますけど。


ざっとあげるとこんな感じ?あれ、もっとある気がしてた。いやーでも本当に、デビュー組より圧倒的にお金かかるし精神力必要だし、Jr担、その中でもSnow Manって結構やばいんじゃないのかなって感じてました。超他人事として。だから好きになり始めた頃は「すのは絶対大変、降りない」って頑なに言ってた、ウケる。(ウケない)案の定めちゃめちゃド新規な私にはLIFE is Hard。(あれっピカンチ?)でもやっぱり舞台で、コンサートで、その姿を見たら堪らなく愛おしくて好きで、もっと見ていたいってなるからあら、不思議。あのダンスを、あの声をもっと、って気づいたらチケット握りしめてるよねー!分かる!(意気投合)つまり、LIFE IS HARDだけどHAPPYなんだよねー!分かるー!(意気投合part2)

何この話。Jr担しんどいけど自担見たら頑張れるよね、っていう結論?あっさ!激浅い!子供用プールくらい浅い!なんなら足湯レベルに浅い!!これ以上浅くしたくないので一旦切ります!!!(テキトー